PR

 ルネサス エレクトロニクスは、トライアック(位相)調光器での導通角情報を検出して出力電圧に反映させる導通角検出回路を集積したLEDドライバ制御IC「R2A20135SP」を発売した。同社によると、「導通角検出回路を外付けで用意する必要があった同社従来品である「R2A20134」と比べるとプリント基板上の実装面積を約40%削減できる」とする。LED照明器具に向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料