PR

米Intel社は、2012年2月20日から米国で開催中の「ISSCC 2012」において、0.28Vという非常に低い電源電圧で動作するx86プロセサ「Claremont」の技術について発表した。Claremontは2011年秋の「Intel Developer Forum」において同社が発表したもので、これまで技術詳細は明らかにしていなかった。32nm世代のCMOS技術で製造した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料