PR
GPS対応腕時計「セイコー アストロン」
GPS対応腕時計「セイコー アストロン」
[画像のクリックで拡大表示]
全世界39のタイム・ゾーンに対応。円で示した範囲は電波時計の対応地域
全世界39のタイム・ゾーンに対応。円で示した範囲は電波時計の対応地域
[画像のクリックで拡大表示]
現在時刻の取得方法
現在時刻の取得方法
[画像のクリックで拡大表示]
価格は15万2250円〜21万円
価格は15万2250円〜21万円
[画像のクリックで拡大表示]

 セイコーホールディングスとセイコーウオッチ、セイコーエプソンは、全世界39のタイム・ゾーンに対応したGPS対応腕時計「セイコー アストロン」を、2012年9月下旬に発売する。GPSを利用して、世界中で現在時刻を取得できるとする。価格は15万2250円~21万円。

 アストロンは、4機以上のGPS衛星からの電波によって、緯度・経度・高度の情報を特定してユーザーの位置を測定(測位)できる。この情報を基に、地球を約100万個に分割したブロックの中から現在地のブロックを特定して、該当するタイム・ゾーンの現在時刻を表示する仕組みである。一度、位置情報を取得した後は、GPS衛星から定期的に情報を自動受信して、時刻を修正する機能を備えている。

 太陽電池を搭載しており、定期的な電池交換は不要。太陽電池による駆動のために、セイコーエプソンはGPSモジュールの消費電力を同社従来品の約1/5に削減した。衛星からの微弱な電波を受信できるように、新構造のアンテナを搭載している。

 また、ガラスの表と裏の両面に、光の反射を約99%以上抑制する新開発の透明皮膜を施している。太陽光や照明がまぶしい環境下でも、ガラスの存在を意識させないという。