PR

 米Microchip Technology, Inc.は、同社の32ビット・マイコン「PIC32」の製品ラインに低コスト・小パッケージの新製品を追加した(発表資料)。今回追加されたのは「PIC32MX1」及び「PIC32MX2」シリーズ向けで、いずれも28ピン~44ピンがあり、また5mm×5mmという小型パッケージも新たに提供される。またこの製品はPIC32シリーズとしては初めて、オーディオ機能を搭載した製品でもある。

 PIC32MX1/MX2はいずれも105℃までの温度範囲で動作し、最大128Kバイトのフラッシュ・メモリと32KバイトのRAMに加えて2チャネルのI2Sいんたふぇーすを搭載し、オーディオ処理向けに利用することが可能である。ほかにmTouch静電容量式タッチセンサー・インタフェースや、グラフィックあるいは外部メモリ接続用に8ビットのPMP(Paralle Master Port)を搭載する。ほかにも13チャネルの10ビット/1MSPSのADCや各種シリアル通信ポートが装備されるほか、PIC32 MX2にはUSB OTGも搭載される。

 またパッケージのピンは、Pin Select機能を使って変更が可能であり、これにより既存の設計からの変更を最小限に抑えられる。

 開発キットとしては、「MPLAB Starter Kit for PIC32MX1XX/2XX MCUs」が109.99米ドルで提供される。このキットはUSB電源で動作し、128KバイトFlash/32KバイトSRAMを搭載するPIC32MX250F128Dと220×176pixelの2インチカラーTFT液晶、容量式タッチスライダー/ボタン、SDカードと24ビットの音楽再生機能を搭載する。またPCMPIC32MX250F128を利用できるMicroStick II(34.95米ドル)やExploler 16開発ボード向けのPIC32MX250F128Dプラグインモジュール($24.95)も提供される。

 PIC32MX1/MX2は28ピンのSOIC/SPDIP/SSOPパッケージ、36ピンのVTLAパッケージ、及び44ピンのQFN/TQFP/VTLAパッケージで提供される。1万個発注時の価格は1個あたり2.14米ドルから。サンプル出荷及び量産品のオーダーは同日開始されている。