PR
今回の製品のブロック図 Microchipのデータ。
今回の製品のブロック図 Microchipのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microchip Technology Inc. は3月26日(現地時間)、同社の8ビット・マイクロコントローラ「PIC16F(LF)178Xファミリ」の製品ラインナップを拡充したと発表した(ニュース・リリース)。今回追加された製品は、12ビットA-D変換器や8ビットD-A変換器、オペアンプ、高速コンパレータに加え、EUSART(LINを含む)、I2C、SPIといったインタフェースを搭載する。

 また、新しく搭載したPSMC(Programmable Switch-Mode Controllers)による高精度のPWM制御(最大64MHz)が可能で、クローズド・ループの電源回路や照明制御に最適であると同社は説明している。これまでのLFバージョンのMCUと同様に、「eXtreme Low Power」技術を搭載しており、アクティブ時電流32μA/MHz、スリープ時電流は50nAにすぎない。プロセサ・コアは最大32MHzで稼働し、3.5M~14Kバイトのフラッシュ・メモリと128~512バイトのSRAM、256バイトのEEPROMを搭載する。

 PIC16F(LF)1782/3/4/6/7の各製品のパッケージとして、28ピンのSOIC/SPDIP/6mm×6mmのQFN/4mm×4mmのUQFN、および40ピンのPDIP/TQFP/8mm×8mmのQFN/5mm×5mmのUQFNを用意している。価格は1万個発注時に1個あたり1.18米ドルからである。サンプル出荷及び量産オーダーは、同日より開始されている。