PR

産業革新機構は、球状Si太陽電池の事業化を目的に、5億円の出資を決定したと2012年4月23日に発表した。出資するのは、長年に渡って球状Si太陽電池を開発してきた京セミが会社分割によって設立予定の新会社「スフェラーパワー」である。産業革新機構の他に、日立ハイテクノロジーズも1億円出資する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い