PR

 アイシン精機は、ストライカとドアに取り付け、両者のすき間を埋めることによって車体の変形を抑える部品(商品名:ドアスタビライザー)を開発し、「人とくるまのテクノロジー展2012」(2012年5月23~25日)に展示した(図1)。ステアリングを操作した直後の車体の変形を抑えるため、ヨーの立ち上がりが早くなる。トヨタ自動車「86」、富士重工業「BRZ」用の後付け部品としてトヨタテクノクラフトがTRDブランドで販売する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料