PR

 JSOL(本社東京)は、鍛造部品や鍛造金型を設計・開発するためのシミュレーション・ソフトウエア「AFDEX」の取り扱いを2012年5月30日から始めたと発表した。AFDEXは、韓国のMFRC社が1998年に開発したもので、韓国国内では約100セットの出荷実績を持つ。材料の歩留まりや生産性の向上を目的に、切削や鋳造からプレス鍛造へ工法転換を図る際に役立つなど、大幅なコスト削減に貢献する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い