PR
マイクロサーバーについて説明するQuanta Computer社 Vice President & General Manager, Cloud Computing Business UnitのMike Yang氏
マイクロサーバーについて説明するQuanta Computer社 Vice President & General Manager, Cloud Computing Business UnitのMike Yang氏
[画像のクリックで拡大表示]
製品の特徴
製品の特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾Quanta Computer社の米国法人であるQCT(Quanta QCT)社は、台北で開催中の展示会「COMPUTEX TAIPEI 2012」において、クラウド・コンピューティングのデータ・センター向けマイクロサーバー「STRATOS S910-X31B」を発表した(発表資料)。

 マイクロサーバーとは、空冷ファンや電源などの部品を複数のノード間で共有することで、小型化および高密度化させたサーバーのことである。S910-X31Bは、Quanta QCTとして最初のマイクロサーバー製品だという。

 S910-X31Bは、米Intel社の3.6GHz動作のクアッドコア・プロセサ「Xeon E3-1200 v2」ファミリーを搭載する。3Uのラックに9~12のスレッド(sled)を搭載できる。Ethernetスイッチも統合している。