PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple社は2012年6月11日(現地時間)、米サンフランシスコで開幕した開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)2012」の基調講演で、15.4型の高精細液晶パネル「Retinaディスプレイ」を搭載したノート・パソコン「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」を発表した。ストレージはすべてフラッシュ・メモリで、4コアのプロセサを搭載する。光学ドライブを省略することで、18mmの薄さと2.02kgの軽量を実現した。

 画面の画素数は、2880×1800の518万4000画素。解像度は220ppiになる。プロセサは米Intel社の「Core i7」の4コア品。動作周波数は最大2.7GHzで、Turbo Boost使用時には最大3.7GHzでの動作が可能。グラフィックス機能は、プロセサが内蔵する「Intel HD Graphics 4000」と米NVIDIA社の「GeForce GT 650M」(1GバイトGDDR5メモリ)を切り替えて使用できる。1600MHz動作のDRAMを16Gバイトまで、フラッシュ・メモリを768Gバイトまで搭載可能。2個のThunderboltインタフェースと2個のUSB 3.0ポートを搭載する。HDMIポートを経由してテレビに画面を映すこともできる。

 95WhのLiポリマ2次電池を内蔵する。無線LANに接続した状態で最大7時間の電池駆動が可能。電池の化学組成や充電機構を改良することで、1000回までの充電に対応するという。ほかに、テレビ電話機能「FaceTime」を利用するためのHDカメラ、マルチタッチに対応したトラックパッド、バックライト付きのフルサイズ・キーボードなどを搭載する。

 Apple社は同日、この製品の出荷を開始した。価格は、プロセサが2.3GHz動作(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)、DRAMが8Gバイト、フラッシュ・メモリが256Gバイトのモデルで18万4800円、プロセサが2.6GHz動作(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)、DRAMが8Gバイト、フラッシュ・メモリが512Gバイトのモデルで23万8800円である。

 なお、Apple社は同時に、最新のCore i5プロセサやCore i7プロセサを搭載したMacBook AirシリーズやMacBook Proシリーズも発表した。