PR
iOS 6をインストールした各製品(写真:Apple社)
iOS 6をインストールした各製品(写真:Apple社)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple社は2012年6月11日(現地時間)、米サンフランシスコで開幕した開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)2012」の基調講演で、iPhone/iPad/iPod touch向けOSの次期版である「iOS 6」を披露し、ソフトウエア開発者向けにベータ版とSDKの提供を開始した。最大の特徴は、地図機能を実現するために利用していた「Google Maps」に代わって独自の地図機能を搭載したことだ。

 iOS 6の地図機能は、通常のカーナビと同様の音声による道順案内機能を備えるという。地図の3次元表示に対応し、道路交通情報をルート選択に随時反映する機能も持つ。店舗などの周辺スポットの検索も可能だとした。

 音声コンシェルジュ機能の「Siri」は、iPhone 4Sに加えて新iPadでも利用できるようになる。従来の英語、フランス語、ドイツ語、日本語に加え、スペイン語、イタリア語、韓国語、標準中国語、広東語もサポートする。

 Facebook連携機能も標準で組み込む。1回サインインするだけで、通知センター、Siri、写真アプリケーション、Safari、マップといったアプリケーション・ソフトウエアからの投稿が可能だ。

 Passbook(銀行通帳)アプリも新たに追加する。飛行機の搭乗券や野球のチケットなどを一元管理できる。例えば、iPhoneやiPod touchをスキャンすることで、店舗でクーポンを使ったり、コンサートに入場したり、ホテルにチェックインしたりできるようになる。店舗に入ったときにその店舗のポイント・カードを表示するといったことも可能で、そのままポイントを確認したり使用したりできる。空港でのゲート変更やフライトの遅れを通知する機能も備える。

 このほか、友達や家族と写真を共有するためのフォトストリーム共有機能を持たせた。携帯電話網を経由したFaceTime通話もサポートした。電話機能には、会議時などに特定の相手の電話だけ受けられるようにする機能などが加わった。

 iOS 6に対応する製品は、iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、新iPad、iPad 2、第4世代iPod touchである。これらの機種に対して2012年秋に無料でアップデートを提供する。ただし、製品によっては利用できない機能もあるという。