PR
IMES送信機を内蔵した直管型LEDランプ
IMES送信機を内蔵した直管型LEDランプ
[画像のクリックで拡大表示]
内蔵した送信モジュール
内蔵した送信モジュール
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーは、屋内測位技術「IMES(indoor messaging system)」の送信機を内蔵した直管型LEDランプを開発し、展示会「Location Business Japan 2012」(2012年6月13~15日、千葉県:幕張メッセ)に参考出展した。

 IMESは、GPS信号の送信機を使って、緯度や経度、高さの情報を送信する技術である。これまでGPS信号の受信が難しかった屋内などに設置すれば、あらゆる場所で測位が可能になるとして注目を集めている。リコーがIMES送信機に着目したのは、「直管型LEDランプの価格競争が激しくなっており、IMES送信機を内蔵することで他社と差異化できる」(説明員)と考えたからである。

 IMESの普及に向けた課題は、送信機を設置したり、電力供給のための配線を敷設したりする手間とコストが必要になるという点だった。今回リコーは、直管型LEDランプにIMESの送信機を内蔵することで、設置の手間と電力供給の問題を解決した。内蔵した送信モジュールは、日立産機システムと共同で開発したものである。

 IMES送信機内蔵の直管型LEDランプは取り外しが容易なため、取り外して別の場所に設置した場合に、誤った位置情報が送信されてしまう課題がある。これに対してリコーの説明員は「対策を考えている」とした。