PR
SHヘルスケアインターフェイスをインストールしたスマートフォンを持ち、エー・アンド・デイのContinua対応体組成計「UC-411PBT-C」で測定するデモの様子
SHヘルスケアインターフェイスをインストールしたスマートフォンを持ち、エー・アンド・デイのContinua対応体組成計「UC-411PBT-C」で測定するデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]
体組成計のデータがスマートフォンに自動転送されている様子
体組成計のデータがスマートフォンに自動転送されている様子
[画像のクリックで拡大表示]
まずは、NTTレゾナントのgooからだログとエー・アンド・デイの体組成計に対応する
まずは、NTTレゾナントのgooからだログとエー・アンド・デイの体組成計に対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは2012年6月18日、スマートフォン新製品説明会を開催し、同社の2012年夏モデルについて説明した。主に、既に各キャリアから発表されているモデルをあらためて紹介した格好だが、今回、新たな取り組みとして健康管理サービスへの対応を発表した。具体的には、スマートフォンをContinua Health Alliance規格に対応させるために必要な専用ミドルウエア「SHヘルスケアインターフェイス」の提供を始める。

 SHヘルスケアインターフェイスを、シャープ製のスマートフォン(Android 4.04以降のOSを搭載する機種)にインストールすることで、Continua規格に対応した健康機器の測定データを収集できるようになる。このミドルウエアをインストール済みのスマートフォンであれば、Continua対応の健康機器で測定した際に、特別な操作をすることなく自動的に測定データがスマートフォンに送信される。測定データは、スマートフォンの画面上で確認でき、グラフや表などの形でも見ることができる。なお、スマートフォンと健康機器の間の通信は、Continua規格の一つであるBluetoothを利用する。

 SHヘルスケアインターフェイスはまず、NTTレゾナントのクラウド型健康管理サービス「gooからだログ」に対応する。シャープによる今回の専用ミドルウエアの提供開始を受けて、NTTレゾナントは2012年6月18日、gooからだログがスマートフォンにも対応したことを発表した(関連記事)。gooからだログは、約50万人の会員数を誇る健康管理サービス。以前は測定データを手入力する必要があった(一部、特定のWebサービスと連携させることで手入力以外の手法も存在する)が、2011年末からContinua規格対応の血圧計とパソコンを介してデータの自動転送ができるようになった(関連記事)。今回、ゲートウエイとなる端末として、パソコンだけでなくスマートフォンが追加された格好となる。

 スマートフォンを介してgooからだログと連携できる健康機器は、当初は体組成計のみ。対応する体組成計は、エー・アンド・デイが2012年6月18日に発売した「UC-411PBT-C」。Continua規格に対応する一般消費者向けの体組成計としては「世界初」(同社)となる製品で、価格は1万2800円。

 シャープは今後、SHヘルスケアインターフェイスで対応できる健康管理サービスを、gooからだログ以外にも広げていくことを検討するとしている。