PR
展示したパネルコンピュータ
展示したパネルコンピュータ
[画像のクリックで拡大表示]
Richard Hsia氏(Moxa Inc. Regional Sales Manager MAP Sales Moxa Asia & Taiwan Business Division)
Richard Hsia氏(Moxa Inc. Regional Sales Manager MAP Sales Moxa Asia & Taiwan Business Division)
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾Moxa Inc.は、2012年5月上旬に開催された組込みシステム開発技術展(ESEC)に産業用システムを出展。そこで電子海図表示システム(ECDIS:Electronic Chart Display and Information System)向けのパネルコンピュータの出荷が最近好調だったことを明らかにした。

 同社は船舶に搭載することを前提にした組み込みシステムを複数展開している。具体的には、組み込み用コンピュータ、ディスプレイ、ネットワーク・システムなどである。この中で、展示したのは液晶ディスプレイとコンピュータを一体にした、いわゆるパネルコンピュータである。広視野角タイプの22インチ液晶ディスプレイを搭載している。厳しい使用環境の中でも、視認性が失われないように画面のくもりや太陽の反射を抑える工夫がなされているという。内部には、ファンレスのコンピュータ・システムが組み込まれている。「船舶搭載システムの試験規格IEC60945や防水仕様の規格IP66など船舶関連の主な国際規格には、あらかじめ対応済み」(Moxa Inc. Regional Sales Manager MAP Sales Moxa Asia & Taiwan Business Division Richard Hsia氏)。

 展示ブースで同氏が明らかにしたところによると、最近こうしたECDIS関連機器の出荷が好調だったという。「北欧などで改修を受ける船舶の数が増えた。その際に、装備を入れ替えるに当たってECDISを導入する例が多かった。実際、1ヶ月に数百台ものECDISを出荷したこともある」(Hsia氏)。