PR
[画像のクリックで拡大表示]

 任天堂は、同社の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の大画面版「ニンテンドー3DS LL」を発表した。2012年7月28日に希望小売価格1万8900円で発売する。裸眼3D映像を表示できる上画面を4.88型に、タッチ・パネルを搭載した下画面を4.18型にした。従来の3DSと比較して、それぞれ1.9倍になっている。かねて発売が噂されてきた3DS LLが、このたび正式に発表された形だ。

 3DS LLと同時に、3DS対応ゲーム「New スーパーマリオブラザーズ 2」と「東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」を発売する。いずれも、人気シリーズの続編である。

3DS LLの折り畳み時の大きさは縦93mm×横156mm×厚さ22mmで、質量は約336g。3DSでは、同縦74mm×横134mm×厚さ21mm、約235gだった。3DS LLでは、「レッド×ブラック」「シルバー×ブラック(SILVER×BLACK)」「ホワイト(WHITE)」の本体色が準備されている。

 なお、3DSの国内での販売台数について、任天堂は「推定で約630万」とする。