PR

軽量版のmrubyを開発したまつもと氏(写真:新関 雅士)
[画像のクリックで拡大表示]

 Webサービスの分野などで人気を博してきたオブジェクト指向のプログラミング言語「Ruby」に2012年4月、組み込み向けの軽量版「mruby」が登場した。

 生みの親であるまつもとゆきひろ氏へのインタビュー第3回は、プラットフォーム依存部の扱いやRubyチップ開発の狙いについて聞いた。(聞き手=進藤 智則)

(第1回の記事はこちら、第2回の記事はこちら

 なお、日経エレクトロニクスの最新号(2012年6月11日号)において、軽量Ruby「mruby」の解説記事「『組み込み』に進出するプログラミング言語Ruby 」を掲載しております。ぜひ併せてご一読下さい。

――組み込み分野の場合、マイコン依存やOS依存の部分も気になるのですが、そのあたりはmrubyではどのように扱っていかれるのでしょうか。例えば、割り込みの扱いをどうするであるとか。

 プラットフォーム依存部については、mruby自身は関知しないというのが基本スタンスです。

 mruby自体はC99ベースで実装するというのが方針ですので、例えば、割り込みに関してはスコープの範囲外だと思っています。(必要な場合は)そのOSごとに、使い手の方がそのOSに対応した割り込みのコードを書いていただく形になるかと。mrubyのコア関しては、できるだけ移植性高く、ポータブルにしたいと思っています。

 確かに、割り込みについては非常に気になるところだと思います。OSごとにかなり共通のケースはあると思うので、そうしたあたりはどなたかがコントリビュートして下さればと思います。例えば「VxWorksでは、割り込みこうしましたよ」といったようなものをコードのライブラリみたいな形で集められれば、それはそれで嬉しいものになりますね。

 ただ、本当に割り込みが重要な問題になるようなリアルタイム性の高い領域でmrubyが使われるようになるのは、個人的にはかなり先だと思っています。それほど喫緊の課題ではないだろうと…。ただ、そう思いこんでいると、大体、予想は外れたりするのですが…。

――先日、福岡県博多のF-Ruby(福岡Rubyビジネス拠点推進会議)の拠点にお邪魔したのですが、その拠点内の通称「まつもとゆきひろ研究室」には、産業用のアーム・ロボットが置いてありますね。同ロボットは、VxWorksで動かしているとお聞きしました。割り込み周りは、C言語で記述してあるということでしょうか。