PR

 無線LAN機器の相互接続認証・普及促進団体であるWi-Fi Alliance(WFA)は2012年6月26日、東京都内で説明会を開催し、同団体が策定した無線LAN関連の技術規格「Wi-Fi CERTIFIED Passpoint(Passpoint)」の認定プログラムを同日に開始したと発表した(ニュース・リリース)。

 Passpointは、スマートフォンなど無線LAN対応端末の公衆無線LANへの接続を自動化する技術規格である。ユーザーがWebブラウザを通じたログインなどの操作をしなくても、端末が信頼された公衆無線LANのアクセスポイントを検出して自動的に接続する。PasspointのアクセスポイントはSIMベース、ユーザー名/パスワード、認証IDのいずれかを使って端末の認証を行う。アクセスポイントと端末間のセキュリティは無線LANの暗号化規格「WPA2-Enterprise」により確保される。異なる公衆無線LANサービス間のローミングもサポートしており、「端末が携帯電話サービスのようにシームレスに無線LANにつながるようになる。特に無線LANネットワークへのオフロードを進めている携帯電話事業者にとって魅力的な仕組みだろう」(Wi-Fi Alliance Marketing DirectorのKelly Davis-Felner氏)。無線LANのチップや機器メーカーのほか、NTTグループや仏France Telecom社、英BT社、米Comcast社といった通信事業者やケーブルテレビ会社もPasspointの支持を表明しているという。

 今回開始するPasspointの認定プログラムでは、無線LANモジュールなどとアクセスポイントとの相互接続性をテストする。既に最初の認定製品として、米Cisco社の「Cisco 2500 シリーズ Wireless Controller」「Cisco Aironet 1260 シリーズ アクセス ポイント」や米Intel社の「Intel Centrino Advanced-N 6230」など8社の製品が認定されており、WFAはこれらの機器を用いてテスト環境を構築した。認定プログラムの対象となるのは新製品だけでなく、既存の機器もWPA2-Enterpriseなどの技術仕様を満たしていれば、ソフトウエアのアップデートによってPasspointへの対応が可能になるという。