PR
[画像のクリックで拡大表示]

 東洋ゴム工業は、2012年11月からタイで自動車用防振ゴムの販売を開始する(ニュースリリース)。同ゴムの需要家である自動車メーカーが、アジアにおける自動車市場の拡大に伴ってアジアでの自動車の生産台数を増加させており、特にタイでの同生産台数が今後大きく伸びると見込まれているためだ。

 東洋ゴムは、これまで国内3拠点の他、北米をはじめとする海外4カ国に生産拠点を配して自動車メーカーのニーズに対応してきた。今回、新たにタイにおける同ゴムの供給体制を整え、同社グループの100%子会社であるTOYO RUBBER CHEMICAL PRODUCTS(THAILAND)社が販売する。