PR
設置する太陽光発電システムの構成 ローソンのデータ。
設置する太陽光発電システムの構成 ローソンのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ローソンは、2012年9月から、店舗の屋根に太陽光発電システムを設置していくと発表した(ニュースリリース)。2012年度中に1000店舗、2013年度中に1000店舗、発電量の多い地域を優先して導入していく。2012年7月1日から施行される再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に合わせたもので、電力会社申請許可後の2012年10月に売電を始める予定(Tech-On!関連記事:太陽光発電事業への参入相次ぐ、全量買取制度を受けて)。

 ソーラーフロンティア製のCIS系太陽電池モジュールとパナソニック製の多結晶Si型太陽電池モジュールを採用する。採用の理由としてローソンは「国内メーカーの太陽光パネルは、発電効率が高く、施工体制や保守体制に優れている」ことを挙げた。ソーラーフロンティア製モジュールについては「影や温度による影響を受けにくく、年間実発電量が多い」、パナソニック製については「低コストで発電効率が高く、設置スペースが限られた店舗向き」と評価した。

 最初の1店舗に設置する太陽光発電システムでは、売電用の10kW(5kW×2系統)と店舗使用の2kWの合計12kWの発電が可能で、年間発電量は約1万1000kWh。店内には発電量が表示されるモニタを設置し、リアルタイムで確認できる。また、インターネット上でも発電量を確認できるため、本部でも稼働状況を管理可能という。