PR
「WaveAce1000シリーズ」(右)と「WaveAce2000シリーズ」(左)
「WaveAce1000シリーズ」(右)と「WaveAce2000シリーズ」(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 レクロイ・ジャパンは2012年7月3日、デジタル・オシロスコープ「WaveAceシリーズ」の新製品を発表した(発表資料)。同シリーズはロー・エンド向けの製品群で、今回シリーズを刷新した。価格は7万円台からと低価格を実現した。

 新しいWaveAceシリーズは、「WaveAce1000シリーズ」と「WaveAce2000シリーズ」の二つの製品体系で構成する。同日より販売を開始し、初年度は1000台の販売を目指す。

 WaveAce1000シリーズは、入力はすべて2チャネルで、帯域は40MHzから100MHzの3機種を用意した。サンプリング速度は最高で1Gサンプル/秒。波形メモリ長は最高で2Mポイントである。価格は、「WaveAce 1001」(2チャネル、40MHz、500Mサンプル/秒、1Mポイントの構成)で7万8000円と安価に抑えた。

 WaveAce2000シリーズは、入力は2チャネルまたは4チャネルで、帯域は70MHzから300MHzの8機種ある。サンプリング速度は最高で2Gサンプル/秒。波形メモリ長は最高で24kポイントという仕様である。価格は、「WaveAce 2002」(2チャネル、70MHz、1Gサンプル/秒、12kポイントの構成)で11万3000円である。

 今回発表したWaveAceシリーズの機種はいずれも、7型のカラー・ディスプレイを備える。32種類の波形パラメータの自動計測、波形演算、波形マスクによる合否判定機能を搭載する。本体に波形保存メモリを備えており、外部からのリモート制御にも対応する。同社のロジック・アナライザ「LogicStuido 16」や任意波形発生器「WaveStation」と組み合わせて使用することが可能である。