PR
楽天 代表取締役兼会長の三木谷浩史氏
楽天 代表取締役兼会長の三木谷浩史氏
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天は2012年7月2日、カナダKobo社の電子書籍サービスを国内で同年7月19日から開始すると発表した。これに合わせて、電子書籍リーダー「Kobo Touch」を同社のオンライン・ショッピングモールや大手量販店で7980円(税込み)で販売する。Kobo社は2012年1月に楽天が買収した100%子会社である。

 7月2日に行われた記者発表会に登壇した楽天 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は「電子書籍が普及するためには端末が普及し、コンテンツが増えるという正のサイクルが必要だが、これまで日本では両輪がそろわなかった。これをKoboで変える」とした。コンテンツについては「大手出版社のほぼすべてと前向きな交渉をしている」(同)という。

 Kobo Touchは米E Ink社の6型の電子ペーパーを搭載する。プロセサに米Freescale Semiconductor社のi.MX507を採用し、2Gバイトのフラッシュ・メモリ、IEEE802.11b/g/nの無線LAN機能を内蔵している。大きさは114mm×165mmで厚さは10mm、重さは185gである。

 電子書籍のコンテンツ・フォーマットには「EPUB3.0」を採用する。「業界標準のフォーマットに対応することで、日本の優れた文字文化を世界に向けてを発信できるようになる」(三木谷氏)という。