PR
[画像のクリックで拡大表示]

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、有機系太陽電池の早期実用化を目的とした「有機系太陽電池実用化先導技術開発」の助成先として、5件のプロジェクトを採択したことを2012年7月9日に発表した。研究期間は2012~2014年度で、総事業費は約45億円。このうちNEDOの助成率は2/3になる。

 採択されたのは、(1)有機薄膜太陽電池の生産プロセス技術開発および実証化検討(三菱化学)、(2)色素増感太陽電池モジュールの実証評価(シャープ、フジクラ)、(3)色素増感太陽電池の市場創出開発(日本写真印刷)、(4)プラスチック基板DSC発電システムの開発(日立造船)、(5)プラスチック色素増感太陽電池の実用性検証(太陽誘電、ビフレステック)である。

 NEDOは本プロジェクトで、建材一体型システムや車載型システムなどを開発し、2010年代後半の実用化を目指した製品用途開拓を目指している。例えば(1)では、薄くて軽く曲げられる有機薄膜太陽電池の特徴を生かして、建材一体型や車載型といった利用形態を想定した実証試験を実施する。

 有機系太陽電池を巡っては、有機薄膜太陽電池の開発と実用化で先行してきた米Konarka Technologies社が、2012年6月に連邦破産法を申請した(関連記事)。有機系太陽電池を開発するメーカーは、事業化に向けた戦略の見直しを迫られている。