PR
今回の製品 NXPのデータ。
今回の製品 NXPのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 オランダNXP Semiconductors N.V.は、2012年7月11日(現地時間)に、JenNet-IPの評価キット「JenNet-IP-EK040」を発表した(ニュース・リリース)。JenNet-IPとは、いわゆる「Internet of Things(モノのインターネット)」のための無線ネットワークである。インターネット越しに、家電機器や照明などをIPv6ベースの無線ネットワークで制御する。

 新製品は、JenNet-IPを利用するために必要なコンポーネントすべてをまとめたキットだという。キットのベースになっているのは、NXPの低消費電力マイコン「JN514x」である。今回の製品発表と同時に、同社はJenNet-IPの認証試験を開始することも明らかにした。この認証試験で相互接続性と性能を確認した製品には、JenNet-IPの名前とロゴを付けられると、同社は説明している。

 JenNet-IP-EK040は以下のものから構成される。
(1)無線通信ノードが四つ。各ノードは二つのチップ、JN5148-J01とJN5142-J01をベースにする。USB micro-BコネクタとIO拡張ポートを搭載し、USB/電池/外部電源で動作する。USBケーブルは二つ付くが、外部電源ユニットは付属しない。
(2)Arduino互換のフットプリントのプラグ-イン・シールドが四つ。各プラグインには、3つの調光可能な白色LEDと、温度/輝度/湿度センサーを搭載する。
(3)ハイパワー「JN5148-J01」モジュールが二つ。長距離通信用。
(4)ハイパワーUSBドングルが二つ。通信傍受や調整用。
(5)ルータ。Ethernetと接続可能で、Custom Open WRTソフトウェアと電源が付く。
(6)容量式タッチ・リモコン
(7)Eclipseベースの無償かつ無制限のソフトウェア開発ツール(SDK)。この中にはIDEのほかに、フラッシュ・メモリ・プログラマやMCU/周辺機器用ライブラリ、およびJenNet-IPライブラリが含まれる。

 JenNet-IP-EK040の価格は1400米ドル。現在、いくつかのNXPの代理店より入手可能である。