PR

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、M2M(Machine to Machine)システムを構築するのに使えるクラウド・コンピューティング基盤「deviceWISE」を2012年7月18日に発売した。機器やセンサからデータを収集したり、既存のデータベース(DB)やアプリケーションと連携したりするための基本的な機能を提供する。生産設備の遠隔監視やエネルギ使用量の把握といった用途を想定しており、CTCは今後3年間で50億円の売り上げを目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料