アイデア発想や課題の真因究明などを支援する手法であるTRIZに関する国際会議「第8回 TRIZシンポジウム 2012」が早稲田大学(東京・新宿区)で開催され、コンファレンスの初日となる2012年9月7日には、習得が難しいとされるTRIZの発明原理を覚えやすくする工夫が紹介された。その方法を紹介したのが、韓国eTRIZのJeongho Shin氏やソニーの高木芳徳氏である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い