PR
今回の製品 IDTのデータ。
今回の製品 IDTのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
接続関係 IDTのデータ。
接続関係 IDTのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米 Integrated Device Technology, Inc.(IDT)は2012年9月6日(現地時間)に、PCI Express Gen3にネイティブに対応した、エンタープライズ向けのNV-DRAMコントローラLSI「89HF08P08AG3」を発表した(ニュース・リリース)。

 新製品には最大32GバイトのDDR3型SDRAMと8チャネルのNANDフラッシュ・メモリを接続できる。ホスト側とは、PCIe Gen3 x8レーンでつなぐ。この製品はNVMe規格に準拠しており、PCIeベースのSSDに最適化したレジスタ・インターフェースやコマンド・セット、機能を提供できるという。

 89HF08P08AG3は通常、DDR3型SDRAMに対して3Gビット/秒で読み出し/書き込み動作を行っている。パワー・ダウンを検出すると、SDRAMの内容をNANDフラッシュ・メモリに退避する。8チャネルのNANDフラッシュ・メモリに対応しているため、これらを同時利用することで最大1Gビット/秒の速度で退避可能である。

 対応可能なDDR3 SDRAMはDDR3-800からDDR3-1600まで。データパスは72ビット幅(64ビット・データ+8ビットECC)で4Rankに対応する。×8または×16のSDRAMのデータ幅をサポートしている。

 新製品は25mm×25mmのFCBGAパッケージに封止する。現在、特定の顧客に対してサンプル出荷を開始している。IDTは、新製品を9月11日から13日に米国カリフォルニア州San Franciscoで開催の「Intel Developer Forum 2012 San Francisco」で展示する。