PR
内部ブロック図と応用回路例 On Semiのデータ。
内部ブロック図と応用回路例 On Semiのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米On Semiconductor社は2012年10月23日(現地時間)に、IIC(invisible-in-canal:外部から見えない外耳道挿入型)補聴器に最適化した、省電力タイプのPre-configured DSPとして「Rhythm R3710」を発表した(ニュース・リリース)。「thinSTAX」と呼ぶ同社独自のパッケージに封止している。

 このパッケージの大きさは4.57mm×3.12mm×1.52mmと小型で、今回のLSIは従来のRhythm製品と比べて20%小さくなった。今回のLSIは、最大8チャネルのWDRC(wide dynamic range compression)が可能である。音響環境を自動分析して最適化を行う「iSceneDetect Environmental Classification」アルゴリズムや、最大128バンドに帯域を分割してノイズ削減を行う「Adaptive Noise Reduction」アルゴリズム、利用状況の様々なパラメータを記録する「iLog Datalogging」機能、音響フィードバックを自動的に最小限にする「Adaptive Feedback Cancellation」機能などが搭載されている。