PR
配信の例
配信の例
[画像のクリックで拡大表示]
クーポンの例
クーポンの例
[画像のクリックで拡大表示]

 ビックカメラと野村総合研究所は共同で、位置情報や購入履歴などに基づいてスマートフォンにクーポンを配信する実証実験を、2012年11月19日~2013年1月31日の期間で実施する。今回の実験を通じて、顧客に最適なクーポンを、最適なタイミングで配信するビジネス・モデルを検証する。

 実証実験に先立ち、2012年11月14日から参加者の募集を始める。参加には、過去10年間に「ビックポイントカード」を利用して、対象店舗で買い物をしたことがある、などが条件になる。対象店舗は、池袋本店と池袋本店パソコン館、池袋西口店である。Android 2.3以上のソフトウエア・プラットフォームを搭載したスマートフォンに、アプリケーション「ビック・スマートクーポン」をインストールして用いる。

 参加者がアプリケーションを立ち上げておくと、位置情報や購入履歴、天候などに応じて、クーポンが配信されるようになる。位置情報に関しては、参加者が特定のエリアに入って一定時間滞在した場合に、エリアに入ったことをアプリケーションがサーバーに通知する仕組みになっている。エリア外の位置情報はサーバーに通知されない上、エリア内であっても詳細な位置情報を送信することはないという。実験には、野村総合研究所が開発した『「おもてなし」最適化エンジン』を活用する。