PR
新製品のブロック図 TIのデータ。
新製品のブロック図 TIのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
controlSTICK(TMDX28069USB) TIのデータ。
controlSTICK(TMDX28069USB) TIのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Texas Instruments社は2013年1月17日に、同社の32ビットMCU「C2000 Piccoloシリーズ」シリーズのラインナップにUSB 2.0回路を内蔵した「F2806xU」を追加したと発表した(ニュース・リリース)。モーター制御や再生可能エネルギー分野、電力制御といった応用に向ける。

 F2806xUは、90MHzで駆動するTI独自のプロセサ・コア「C28x」を中核にして、オンチップ・ボルテージ・リファレンス付きで3Mサンプル/秒の12ビットA-D変換器、応答速度30nsのアナログ・コンパレータ(3本)、C言語でプログラミング可能な32ビット浮動小数点CLAコプロセサ、75の算術演算を高速実行するVCU(Viterbi Complex Math Unit)などを搭載する。

 さらに今回、C2000 Piccoloとして初めてUSB 2.0回路を内蔵したほか、CANのインタフェースを集積している。開発キットは、39米ドルの「controlSTICK」(TMDX28069USB)、59米ドルの「controlCARD」(TMDXCNCD28069)、および99米ドルの「Experimenter's Kit」(TMDXDOCK28069)を用意する。F2806xUの価格は1000個発注時に1個4.95米ドルから(参考単価)となっている。