PR
新製品の機能ブロック図 STMicroのデータ。
新製品の機能ブロック図 STMicroのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 伊仏合弁STMicroelectronics社は2013年2月21日(現地時間)に、車両の機能安全に向けたデュアルコア・マイコンとして「SPC56EL70」を発表した(ニュース・リリース同日本語版)。SPC56EL70は機能安全規格「ISO26262 ASIL-D」に準拠した製品で、ADAS(Advanced Driver Assistant System)やアンチロック・ブレーキ、電気式パワー・ステアリング、アクティブ・サスペンションといった用途に向ける。

 新製品は、Powerアーキテクチャのプロセサ・コア「e200z4」(最大120MHz動作)を2個搭載する。2つのプロセサ・コアの動作は、ロックステップ・モードまたはパラレル・モードへの切り替えが可能で、所望のセーフティ用途に応じて安全面と性能面でのバランスが取れるとする。2Mバイトのフラッシュ・メモリと192KバイトのSRAM、3つのCANインタフェース、さらにモーター制御に必要な機能などを内蔵していて、3相のブラシレス・モータを最大で2つまで制御できる。

 SPC56EL70のフラッシュ・メモリ容量は品種によって異なり、768K~2Mバイト。パッケージは100ピンLQFPと144ピンLQFPを現在用意していて、257ボールのBGAパッケージでの提供も計画中である。すでにサンプル出荷を開始している。