PR

 東芝は、川崎市健康安全研究所と食中毒原因菌の特定を迅速化する検査技術の共同研究を2013年4月1日に開始する。東芝が開発を進めている電流検出型のDNAチップ技術を応用する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い