PR
今回の新製品 Microchipのデータ。
今回の新製品 Microchipのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
機能ブロック図 Microchipのデータ。
機能ブロック図 Microchipのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microchip Technology社は2013年3月26日(現地時間)に、16ビットMCU「PIC24F」に低価格の「KMファミリー」を追加したと発表した(ニュース・リリース)。最大16Kバイトのフラッシュ・メモリと同2KバイトのSRAM、同512バイトのEEPROMに加えて豊富なアナログ周辺回路を搭載しており、コスト削減要求の強い自動車/民生/医療/産業機器に最適だとする。

 新製品は、スレッショルド検知機能付き12ビットD-A変換器や、アナログ制御ループ/高精度コンパレータ・リファレンス向けの8ビットD-A変換器、センサー接続用のオペアンプなどを搭載する。また、新たにMCCP(multiple-output capture compare PWM)モジュールやSCCP(single-output capture compare PWM)モジュールを集積している。これらのモジュールは16/32ビット・タイマーとPWM制御回路を内蔵しており、モーター制御や電源/照明管理などに最適だという。

 さらに新製品は、PIC24ファミリーとしては初めて、CLC(Configurable Logic Cell)を内蔵する。リアルタイムで動作する制御ロジックを構成して実行できる。構成の指定向けに専用のツール(ソフトウエア)を用意しており、C言語やアセンブリなどのテキストではなく、グラフィカルなプログラミングが可能である。

 KMファミリーには3V(1.8~3.6V)で動作する「PIC24FKM」と、5V(2.0~5.5V)で動作する「PIC24FVKM」があり、前者は同社のXLP(eXtreme Low Power)動作が可能だという。PIC24F(V)16KM204, PIC24F(V)08KM204とPICF(V)16KM104は44ピンのTQFPと48ピンのUQFNパッケージで、PIC24F(V)16KM202とPIC24F(V)08KM202、PIC24F(V)16KM102、PIC24F(V)08KM102は28ピンのSOICとSSOP、SPDIP、QFNパッケージで提供される。またPIC24F(V)08KM101は20ピンのSOIC、SPDIP、SSOPパッケージで提供される。全製品のサンプル出荷および量産は開始しており、1万個発注時のチップ単価は1.77米ドルからである。