PR
新製品のブロック図 HOLTEKのデータ。
新製品のブロック図 HOLTEKのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
各製品の主な仕様 HOLTEKのデータ。
各製品の主な仕様 HOLTEKのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾HOLTEK Semiconductor社は2013年4月1日(現地時間)に、同社の8ビット・マイコン「TinyPower MCU」にLCDコントローラを内蔵する「TinyPower LCD Flash」シリーズを追加したと発表した(ニュース・リリース)。「HT69F30A」、「HT69F40A」およびHT69F50Aの3製品からなる。

 いずれの製品も産業向けの温度範囲(-40℃~+85℃)で動作し、高いノイズ耐性をもつことが特徴である。LCDを備える家電機器や産業機器、医療機器などに適しているという。「TinyPower」と呼ぶ同社の8ビットRISCコア(最大20MHz動作)や4K~16Kバイトのフラッシュ・メモリ、128~384バイトのSRAM、64/128バイトのデータEEPROM内蔵する。

 96(24×4)~192(48×4)画素対応のLCDドライバを搭載しており、RタイプとCタイプどちらのLCDも駆動可能である。また入力キャプチャ/比較出力/イベント・カウンター/シングル・パルス出力/PWM出力などに利用できる10ビット・タイマーを最大3つ搭載する。開発環境としては同社の「HT-IDE3000」を使える。