PR

 米Linear Technology社は、検出専用ワイヤを使わずに、離れた場所でのケーブル/ワイヤによる電圧降下を補償できるIC「LT6110」を発売した。電圧レギュレータICと負荷を離して実装せざるを得ないケースは少なくない。この場合、電圧レギュレータICの出力部では希望する電圧値になっていても、両者を接続する基板配線やワイヤなどの抵抗分による電圧降下によって、負荷端では希望する電圧値を下回ってしまう。発売したICは、電圧レギュレータICを組み合わせて使用することで、この電圧降下を補償するというものだ。同社によると「負荷レギュレーション特性をひと桁改善できる」という。専用の検出ワイヤは不要である。このため信頼性を高められる上に、コストを削減できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する