PR

 セイコーエプソンは、外形寸法が3.2mm×1.5mm×0.9mmと小さい32.768kHz出力の水晶発振器「SG-3030CM」を開発し、サンプル出荷を始めたと発表した。同社従来品である「SG-3030LC」の外形寸法は3.6mm×2.8mm×1.2mmだった。これと比べると、実装面積を約50%、体積を約65%削減した。同社独自の「QMEMS」技術と半導体技術を組み合わせて、水晶振動子と発振ICを小型パッケージに封止することを実現した。スマートフォンやタブレット端末、デジタル・カメラ、カー・ナビゲーション装置などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する