PR

 英ARM社は2013年4月17日(現地時間)に、2種類のプロセサ・コアを連動させて高性能と低消費電力性を両立させる技術「big.LITTLE」に関する新ライセンス方式を発表した(ニュース・リリース)。big.LITTLE構成に必要なアイテムを一括して取得できるようになる。

 同社によれば、すでに韓国Samsung Electronics社やルネサス エレクトロニクス、英CSR社、富士通、台湾MediaTek社などを含む17のパートナがbig.LITTLEのライセンスを取得している。さらにbig.LITTLEの普及を広範に進めるためには、1つのライセンスでbig.LITTLEを利用できるようにすることが重要だと考え、ARMはbig.LITTLE関係のSingle-Use Design License(SUDL)を用意した。このラインセンスを取得すると、パートナーはbig.LITTLEの構成に必要なすべてのアイテムを開発用に1回(1つの設計で)利用できる。

 含まれるアイテムは、プロセサ・コアの「ARM Cortex-A15/Cortex-A7」のほか、インタコネクトの「CCI(CoreLink Cache Coherent Interconnect)-400」や割り込みコントローラの「GIC(Generic Interrupt Controller)-400」、メモリ・コントローラの「DMC(Dynamic Memory Controller)-400」、バス・ブリッジの「ADB(AMBA Domain Bridge)-400」である。またGPUコアの「Mali-T600」やハードニングに必要な情報パック「ARM POP IP」をオプションとしてSUDLに含むことも可能である。さらに、製造用のラインセンスを追加することができる。

 ここで紹介したSUDLは、2013年4月17日に提供を開始した。