PR
今回の新製品 LSI社のデータ。
今回の新製品 LSI社のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
機能ブロック図 LSI社のデータ。
機能ブロック図 LSI社のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米LSI社は2013年4月15日(現地時間)に、エンタープライズ/データ・センター市場に向けたネットワーク・プロセサの新製品「Axxia AXE 4500」ファミリを発表した(ニュース・リリース)。プロセサ・コアとして、ARM Cortex-A15を搭載する。

 LSI社によれば、Cortex-A15を搭載したエンタープライズ/データ・センター市場向けネットワーク・プロセサは今回が初めてである。ARMコアに同社の「Virtual Pipeline Technology」を組み合わせて実現した。

 搭載するCortex-A15コアは最大4つ。チップ上の回路ブロック間はARMのインタコネクト「CCN-504」でつなぐ。28nmプロセスで製造する。Virtual Pipeline Technologyによって、パケットごとに性能を最適化できるようにプロセサの構成を再定義できるという。また、最大100Gビット/秒のL2スイッチ機能を搭載する。

 Axxia AXE 4500は2013年第4四半期にサンプル出荷を開始する予定である。