PR

 富士通セミコンダクターは、南海トラフ地震に代表される西日本災害時の都市ガス停止に備え、三重工場において液化天然ガス(LNG)を自前で供給できるサテライト基地を設置し、2013年4月24日から運用を開始する(ニュース・リリース)。災害等によってガス燃料の供給が停止した際には、サテライト基地とローリー車によるLNG補充によって対応できるという。  2011年3月11日の東日本大震災以来、半導体工場においては被災時に一刻も早く操業を復旧する体制の構築が望まれている。富士通セミコンでは2008年から、インフラ(電力や水)の復旧後7日以内に前工程製造の操業を復旧するBCM(business continuity management、事業継続マネジメント)を構築してきた。これにより、東日本大震災ではインフラ(電力や水)の供給停止があったものの、早期に復旧し、製品供給への影響を最小化できたという。  東日本大震災では、東北地区の工場における都市ガスの供給がパイプラインの損傷や津波による供給基地の損傷によって、電力に比べて長期間停止した経緯がある。三重工場のクリーン・ルームでは空調用ボイラーや一部製造設備などの燃料として都市ガスを使用しており、都市ガスの供給が停止した場合、クリーン・ルームの環境が維持できなくなり、製造過程にある製品が損傷する可能性がある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

Amazonランキング第1位(企業経営一般関連書籍、5月13日〜21日)

 自動車、IT、建設など主要9業界を徹底取材し新型コロナの影響を分析。非接触技術の最新情報、オフィスの未来、制約条件下での新たなイノベーションなど7つのトレンドを徹底解説。30人の論客による予測も。

『アフターコロナ』の詳細はこちら

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら