PR

 新日鉄住金は、新開発した引っ張り強さ1.2GPa級で、合金化溶融亜鉛めっきを施した高張力鋼板(以下、1.2GPaめっきハイテン)が、スズキの新型軽自動車「スペーシア」(2013年3月発売)の主要骨格部品に採用されたと発表した。採用箇所は、運転席および助手席の足元付近にあり、乗員スペースの安全性を確保するための骨格部品であるフロア・サイド・メンバ。1.2GPaめっきハイテンが国内自動車メーカーに採用されるのは初めてという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する