PR

 三菱自動車社長の益子修氏は2013年4月25日、電池やモータに不具合があった「アウトランダーPHEV」などの品質問題が相次ぐ根本的な原因として、社内で「流れ作業のように仕事に取り組み、自らの仕事の重みを考えられない状況にあった」(益子氏)とする見解を示した。2012年度決算会見の場で言及した。今後は「(従業員の)仕事に取り組む姿勢にまで踏み込んで改善する」(同氏)という。具体的には社長直轄の品質改革組織を立ち上げ、その中に「風土改革チーム」と呼ぶ組織を置いて社内の意識改革に取り組む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する