PR

オプテックス・エフエー(本社京都市)は2013年5月1日、距離設定型のC-MOSレーザセンサ「FASTUS BGS-HLシリーズ」を発売する。検出距離が20~50mmの「BGS-HL05T」と、同50~250mmの「同25T2」の2機種がある。1画素を6万5536分割で認識するデジタル・サブピクセル処理を採用することで、同05Tでは0.08mmの段差(平均回数512回、応差設定0.02mmの場合)を、同25T2では0.8mmの段差(平均回数512回、応差設定0.2mmの場合)をそれぞれ認識できる点が最大の特徴だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する