PR
2機種のスマートフォンが地デジのフルセグ受信に対応した
2機種のスマートフォンが地デジのフルセグ受信に対応した
[画像のクリックで拡大表示]
「AQUOS PHONE Xx 206SH」で番組をフルセグで受信したところ
「AQUOS PHONE Xx 206SH」で番組をフルセグで受信したところ
[画像のクリックで拡大表示]
モバイル・ルータ「Pocket WiFi 203Z」は2社のサービスに対応
モバイル・ルータ「Pocket WiFi 203Z」は2社のサービスに対応
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは2013年5月7日、夏商戦に向けた端末新製品を発表した(プレスリリース記者発表の内容)。スマートフォン6機種、子供向け端末2機種、モバイル・ルータ1機種である。地上デジタル放送のフルセグ受信が可能なスマートフォンや世界最軽量の防水スマートフォンなどを用意した。モバイル・ルータの新製品は、同社とイー・モバイルの2社のデータ通信サービスに対応するのが特徴。

 シャープ製の「AQUOS PHONE Xx 206SH」と富士通モバイルコミュニケーションズ製の「ARROWS A 202F」の2機種がフルセグに対応する。いずれも5.0型フルHD液晶と1.7GHz動作のクアッドコア・プロセサを搭載。2次電池は、AQUOS PHONE Xxが3080mAh、ARROWS Aが3020mAhと大容量で、2日間の動作が可能だとする。

 シャープ製の「AQUOS PHONE ss 205SH」は放射線測定機能を搭載。測定時間は従来機種の「107SH」が2分かかっていたのに対し、半分の1分で測定できるようになった。京セラ製の「DIGNO R 202K」は重さが94g。防水スマートフォンとしては世界最軽量だとする。画面全体が振動して音を伝える「スマートソニックレシーバー」も搭載する。これらにディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクの「DM015K」を加えた5機種が、AXGP網を利用したTD-LTE通信サービスである「SoftBank 4G」に対応する。

 シニア向けには、シンプルな操作を特徴とするシャープ製のスマートフォン「シンプルスマホ 204SH」を用意した。子供向けには、音声通話やメールが可能な端末「みまもりケータイ3 202Z」とGPSによる端末の位置特定に特化した「みまもりGPS 201Z」を発表。いずれも中国ZTE社製である。

 ZTE社製のモバイル・ルータ「Pocket WiFi 203Z」は、下り通信速度最大110MbpsのSoftBank 4Gに加え、イー・モバイルの1.7GHz帯LTE通信にも対応したのが特徴。ソフトバンクモバイルとの契約だけでイー・モバイルでのデータ通信も可能になるとする。2次電池は約5000mAhと大容量で、同製品を外付け充電池として利用することでスマートフォンなどを充電できる。