PR

 ドイツInfineon Technologies社は、2013年5月14~16日にドイツ・ニュルンベルクで開催中のパワーエレクトロニクス分野のイベント「PCIM 2013」で、トレンチ型のSi IGBTの新製品「TRENCHSTOP5」を披露し、PCIM内のカンファレンスのポスターセッションでも発表した。同製品の特徴は、損失が小さいこと。ターンオフ時の損失を、同社従来品(耐圧600Vの「H3」)に比べて、約60%低減したという。ゲート電荷量(Qg)も、H3より小さく、半分以下の値である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する