PR
2トップのうちの1機種である「GALAXY S4」
2トップのうちの1機種である「GALAXY S4」
[画像のクリックで拡大表示]
GALAXY S4を掲げるNTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏
GALAXY S4を掲げるNTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏
[画像のクリックで拡大表示]
もう一つの2トップ「Xperia A」
もう一つの2トップ「Xperia A」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2013年5月15日、2013年夏モデルの端末新製品を発表した。スマートフォンが9機種、タブレット端末が1機種、「らくらくホン」が1機種である。これらのうち、韓国Samsung Electronics社の「GALAXY S4」と英Sony Mobile Communications社の「Xperia A(エース)」を「2トップ」(NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏)に位置付けている。

 スマートフォンとタブレット端末の全機種が2000mAh以上の2次電池とクアッドコアのプロセサを搭載し、モバキャス(NOTTV視聴)に対応する。富士通の「ARROWS NX」とシャープのタブレット端末「AQUOS PAD」はフルセグ受信にも対応した。GALAXY S4、ARROWS NX、シャープの「AQUOS PHONE ZETA」、パナソニック モバイル コミュニケーションズの「ELUGA P」の4機種は、指を画面に近づけるだけで操作できる「ホバー」という機能に対応する。

 GALAXY S4は、5型の「世界初フルHD有機ELディスプレイ」を搭載(Tech-On!の関連記事)。2600mAhの2次電池を搭載し、厚さ8mmの薄型を実現している。撮影した写真から写り込んだ通行人などを削除する「消しゴムモード」、ユーザーの視線を検知して動画再生を中断・再開する「スマートポーズ」といった機能を搭載する。

 Xperia Aは、Sony Mobile Communications社が発表済みのグローバル向け端末「Xperia ZR」のNTTドコモ向けモデル。逆光に強いソニー製のCMOSセンサを搭載し、カメラ機能を素早く呼び出せる「カメラキー」を備える。防水防塵、おサイフケータイ/NFC通信、赤外線通信といった機能に対応する。

 AQUOS PHONE ZETAはフルHD対応のIGZOディスプレイを搭載。ARROWS NXは3020mAhの大容量2次電池を特徴とする。ELUGA PとNECカシオモバイルコミュニケーションズの「MEDIAS X」はiモード対応携帯電話機に近い操作感を持つ「docomo シンプル UI」を搭載している。シャープの「AQUOS PHONE si」と韓国LG Electronics社の「Optimus it」は4型を超えるディスプレイを搭載しながらコンパクトである点が特徴。「Disney Mobile on docomo」の第4弾製品も発表した。