PR

ゼットエムピー(本社東京)は、自動運転用の走行経路生成機能を搭載した一人乗りロボットカー「RoboCar MV2 自動運転パッケージ」の販売を開始した。RoboCar MV2は、トヨタ車体製の小型電気自動車(EV)である「コムス」の最新型をベースとしたもので、コムスにZMPオリジナルの制御コントローラ、自動操舵システム、自動ブレーキシステムを搭載するとともに、コンピュータによってステアリング、アクセル、ブレーキを制御可能とした実験用のEVという(図1)。同自動運転パッケージは、RoboCar MV2本体とコントロール用パソコン、走行経路生成機能のライブラリ・ツールを含む開発環境(SDK)から成る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する