PR

 NECは、ロシア・CIS地域での事業拡大に向けて、ウクライナの首都キエフに現地法人「NEC Ukraine」を設立した(ニュースリリース)。ロシアの現地法人であるNEC Neva社の100%子会社。資本金は15万ユーロで、代表にはAlexander Bogomolov氏が就任した。設立当初は数人で営業活動を進めるが、今後、事業の拡大に合わせて体制を強化する。

 ウクライナでは、同国の携帯電話事業者による3GやLTEサービス開始に向けたネットワーク・インフラの需要が高まることが予想される。NECは2011年、同国に駐在事務所を開設し、営業活動を進めてきたが、現地法人化して同国での事業拡大を図る。ネットワーク・インフラをはじめ、認証・セキュリティなどのICT機器・システムを売り込んでいく。