PR

 東芝は2013年5月20日、子会社の東芝半導体(無錫)有限公司(東芝無錫)が中国に持つ半導体後工程子会社の無錫通芝微電子有限公司(無錫通芝)を売却することを発表した(リリース)。無錫通芝の全株式を、台湾Advanced Semiconductor Engineering(ASE)社の子会社であるASE Assembly & Test(Shanghai) Limitedに売却する契約を同日付で締結した。

 今回の契約は、東芝がアナログIC事業の強化に向けて進めている後工程のファブレス化と、ASE社が目指す事業拡大の目的が一致したことによるという。東芝はアナログIC事業について、通信や車載などの注力分野への集中的な資源投入を通じて、収益力強化を図るとしている。

 無錫通芝は、東芝の後工程拠点だった東芝無錫と、中国の後工程専業メーカー(OSAT)である南通富士通微電子股有限公司が2010年に設立した合弁会社。2012年12月には、南通富士通が持つ無錫通芝の株式を東芝無錫が取得して100%子会社化していた。無錫通芝の現在の従業員数は約250人である。