PR
ゲストのきゃりーぱみゅぱみゅさん(左)と剛力彩芽さん(右)に挟まれたKDDI 代表取締役社長の田中孝司氏
ゲストのきゃりーぱみゅぱみゅさん(左)と剛力彩芽さん(右)に挟まれたKDDI 代表取締役社長の田中孝司氏
[画像のクリックで拡大表示]
HTC J Oneは金属製のきょう体を採用したのが特徴
HTC J Oneは金属製のきょう体を採用したのが特徴
[画像のクリックで拡大表示]
持ちやすさにこだわったXperia UL
持ちやすさにこだわったXperia UL
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは2013年5月20日、2013年夏モデルのスマートフォン新製品を発表した。台湾HTC社の「HTC J One」、英Sony Mobile Communications社の「Xperia UL」、シャープの「AQUOS PHONE SERIE」、京セラの「URBANO」の4機種。夏商戦は年末商戦や春商戦に比べて需要が少ないため、提供する機種を絞ったという。

 HTC J Oneは金属製のきょう体を採用したのが特徴。背面は丸みを帯びており、持ちやすくなっている。前面の上下にステレオ・スピーカーを搭載。サウンド専用のアンプやDSPを内蔵しており、きょう体を横に持つことで、音楽をステレオ再生できる。シャッター・ボタンを押す1秒前から4秒間を撮影することで、ベストな写真を選択したり不要な写り込みを消去したりできる「HTC Zoe」という機能も搭載する。

 Xperia ULはコンマ数mmのレベルまで持ちやすさにこだわったのが特徴だという。フルHD対応の5型ディスプレイを搭載する。カメラには、ソニー製の約1310万画素積層型CMOSセンサを搭載し、秒間15枚で無制限連射が可能。

 AQUOS PHONE SERIEは3080mAhの大容量2次電池を搭載する。ディスプレイはIGZO液晶。カメラはF1.9のレンズを搭載し、暗い場所でもフラッシュなしで撮影できるとする。URBANOは、文字が大きく見やすいホーム画面に切り替え可能。騒音が多い場所で相手の声が聞きやすい「スマートソニックレシーバー」という機能も搭載する。