PR

 百貨店などの売り場において、不特定多数の客の動きから、商品への関心度合いを自動でデータ化するシステムを富士通が開発した。家庭用ゲーム機と組み合わせて使う米Microsoft社のジェスチャー認識カメラ「Kinect」を使う。Kinectで客の動きと商品を抽出し、富士通が開発したソフトウエアで、どのような客がどの商品にどの程度の関心を示したかを判断、サーバーへ送る。蓄積したビッグデータを解析することで、高精度のマーケティング分析を可能にする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料