PR

 住友ゴム工業は2013年5月27日、不純物を大幅に削減した高純度の天然ゴム「UPNR(Ultra Pure Natural Rubber)」の開発に成功したと発表した。従来は天然ゴム粒子を覆うリン脂質やたんぱく質が含まれた状態で使われていたが、UPNRではこれらをほとんど含まない。これにより、タイヤに適用した際の発熱量低下(転がり抵抗の低減)による低燃費化や耐ゴム欠け性、耐クラック性、耐摩耗性といった耐久性の向上を期待できる。同社はUPNRを、2014年以降に発売する一部商品に採用していく計画だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する